記事一覧

サムハラ神社について

以前、サムハラ神社奥宮にお参りしたことを書いた(「加茂サムハラ神社奥宮」に行った!)がサムハラ神社について、改めて詳しく書こうと思う。
ぼくがサムハラ神社のことを知ったのは、保江邦夫という人の本(「神様とつながった電話」)だった。保江邦夫という人は著書の紹介によると「1951年岡山生まれ。UFOの操縦を夢見る宇宙少年は東北大学で天文学を、京都大学大学院、名古屋大学大学院で理論物理学を学ぶ。その後ジュネーブ大学で理論物理学科講師、東芝総研究所研究員を経て82年からノートルダム清心女子大学教授。理学博士。」とあるから、非常に高度な頭脳を持った人であることは確かだ。おまけにのこの人は合気道の達人でもあるらしい。この人が書いた「神様とつながった電話」という本を読んで、ぼくはサムハラ神社に興味を持ち、大阪の「サムハラ神社」に2年前に行き、今回津山の奥の院(本宮)にも行ったわけだ。
前回の記事も書いたように「加茂タクシー」の女将にたくさんもらった資料から、もっとも分かりやすいものを以下に掲載する。


CCF_000025-001_convert_20180916213801_20180916220114015.jpg
CCF_000025-002_convert_20180916213825.jpg CCF_000025-003_convert_20180916213849.jpg CCF_000025-004_convert_20180916213912.jpg CCF_000025-005_convert_20180916213941.jpg CCF_000025-006_convert_20180916214010.jpg CCF_000025-007_convert_20180916214033.jpg CCF_000025-008_convert_20180916214052.jpg 

 CCF_000025-009_convert_20180916214114.jpg 
CCF_000025-010_convert_20180916214144.jpg CCF_000025-011_convert_20180916214205.jpg 

神様につながった電話

スポンサーサイト



コメント

コメントさせていただきたいと思いつつも、ずっと読み逃げ状態になっておりました。この記事ではなくて前のサムハラ神社関連の記事だったでしょうか、確か私がトラベル.jpに佳後マリ子の名で書いたサムハラ神社の記事のリンクを貼って下さっていたと思うのですが、そのお礼を遅まきながら言わせていただければと思います。ありがとうございます!

サムハラ神社のある町は私の生まれ故郷で、高校まであの町で暮らしていました。
加茂タクシーを営んでおられるおうちもうちと昔からお付き合いがあったおうちでなんです。あの資料の冊子、いただいたんてすね。なかなか良かったでしょう。

因みに、他の記事で書いておられた美作滝尾駅は高校通学の沿線にある駅です。加茂駅も元々は滝尾駅のような風情ある木造駅舎だったんですよ。

生まれ故郷の岡山県北を観光していただき、取り上げていただき、とても嬉しいです!

Re: タイトルなし

> コメントさせていただきたいと思いつつも、ずっと読み逃げ状態になっておりました。この記事ではなくて前のサムハラ神社関連の記事だったでしょうか、確か私がトラベル.jpに佳後マリ子の名で書いたサムハラ神社の記事のリンクを貼って下さっていたと思うのですが、そのお礼を遅まきながら言わせていただければと思います。ありがとうございます!
>
> サムハラ神社のある町は私の生まれ故郷で、高校まであの町で暮らしていました。
> 加茂タクシーを営んでおられるおうちもうちと昔からお付き合いがあったおうちでなんです。あの資料の冊子、いただいたんてすね。なかなか良かったでしょう。
>
> 因みに、他の記事で書いておられた美作滝尾駅は高校通学の沿線にある駅です。加茂駅も元々は滝尾駅のような風情ある木造駅舎だったんですよ。
>
> 生まれ故郷の岡山県北を観光していただき、取り上げていただき、とても嬉しいです!

マナサビィ様

あの記事がマナサビィさんの記事だったとは全くの奇遇ですね。許可を得ず無断転載して申し訳ありませんでした。
美馬作滝尾駅は「男はつらいよ」最終作の冒頭に出てきますね。美作加茂駅も風情があると思いますが。それにしても美馬作加茂駅の周辺は日本の原風景のようでとても美しい町ですね。展望台から眺めてそう思いました。
マナサビィさんの記事のおかげで行こうと思っているところが2か所あります。
一つは島根県の「熊野神社」。こちらは12月1,2日に松江で同窓会(といっても大人の修学旅行)があるので、そのついでに。
もう一つは真鍋島。ぼくは大の猫好きなので楽しみです。こちらは日程未定ですが、次に帰省(香川県満濃町)する時かな。
それにしてもわざわざご連絡いただき、ありがとうございます。
これからもご好誼のほど、よろしくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

YUKI

Author:YUKI
■性別:男
■年齢:後期中年
■趣味:ネット、ゴルフ、マンガ、映画、読書、外国語
■好きなもの:自由、睡眠、酒、タバコ、ネコ

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

カテゴリ