記事一覧

三島大社に行った

ぼくの連れ合いはドライブが好きで、同居の息子の運転で良く出かけるのだが、昨日は行き先が三島大社ということだったので、ぼくも付き合った。というのも、ぼくは数年前に初めて伊勢神宮に参拝して以来、神社ファンになったのだ。と言っても、神道を信仰しているわけではなく、単なるミーハーだ。連れ合いと息子のドライブの楽しみの一つは、サービス・エリアで名物のB級グルメを食べることだ。ぼくの自宅は多摩地区で、三島へは...

続きを読む

選挙が最大の不正

ぼくは過去に何度も不正選挙について言及してきた。ここに来てアベ政権下における国家の不正がボロボロ出てきたが、それも当然であって、アベ政権そのものが不正選挙で成立した政権だからだとぼくは思っている。少なくとも第二次アベ政権以降の国政選挙や都知事選挙はすべて不正選挙だと見ている。これは、もちろんぼくだけの意見ではなくて、多くのブロガーが指摘していることだ。特に国際評論家の小野寺光一氏(国際評論家 小野...

続きを読む

嘘つき学者はクビ!

山下という奴は最低の人間だと思っていたが、ようやく真実が少しづつ明るみに出てきた。政治家は嘘のオンパレードだが、学者が故意に嘘をつくようではこの国もお終いだ。それとも、もう終わっている?シャンティ・フーラ(シャンティ・フーラ)より ...

続きを読む

今上天皇は偉人である

ぼくは昨日、自分のブログで涙なくしては読めない本ということで「魂でもいいから、そばにいて 3・11後の霊体験を聞く」を紹介した。途中まで読んで、あまりにつらいので最後まで読めるかどうかわからなかったがとりあえず読破した。しかしすべて通読すると、つらい、というよりもむしろある種の平穏さえ感じられるようになった。それは、魂の不滅を信じない人にはなかなか理解しづらいものだと思うのだが、生と死の境界は断絶し...

続きを読む

涙なくして読めない本

ぼくはあるブログで知った「魂でもいいから、そばにいて 3・11後の霊体験を聞く」(奥野修司著 新潮社)という本を読んでいる。図書館で借りて、延長してもう4週間近く手元にあるのだが、なかなか読み進めない。その理由は全部で16話あるのだが、震災で肉親を失った人の慟哭が胸に迫り、1話読むごとに涙があふれてきて、とても一度に何話も読めないからだ。霊体験の話自体は霊魂の不滅を信じているぼくには不思議ではないのだが...

続きを読む

ボーっとNHKを見てんじゃねーよ!

チコちゃんの朝の番組は偶然目にしたことがあったが、なかなか面白い。特に「ボーっとして生きてんじゃねえーよ!」という決め台詞がいい。ただ「ボーっと生きてんじゃねーよ」というチコちゃんの主張は正しいが、果たしてチコちゃん(NHK)が説明することは正しいのかどうか。おそらく政治・経済に関することは、今や政府の広報機関に堕落しているNHKの言うことなので、ほとんど出鱈目だと思っていい。             ...

続きを読む

またお前か!

田中龍作ジャーナル(田中龍作ジャーナル)より  財務省の文書改ざんにに続き、もうウンザリだ。国民の信用を得られないような政権はとっとと退場してほしい。...

続きを読む

なんてカワイイ猫!

JAFの会員向け広報紙「JAFMate」の今月号は岩合光昭氏(毎回、岩合氏の動物写真だが)のネコの写真が表紙をを飾っていて、とてもカワイイので、貼っておく。このネコは岩合さんが監督した「ねことじいちゃん」という映画の主役らしい。ぜひその映画を観てみたいものだ。...

続きを読む

「芸術はすべて心である」~不染鉄

昨日、画家の不染鉄のことを書いたが、NHKのEテレの「日曜美術館」という番組で不染鉄を紹介していたので、貼っておく。NHKは嫌いだが、Eテレではたまに良い番組もある。日曜美術館「画家 不染鉄~芸術はすべて心である」...

続きを読む

「不染鉄」という画家を知っていますか?

ぼくはまったく知らなった。昨日たまたま東京新聞朝刊一面の下にある書籍広告(不染鉄ノ便り/不染鉄之画集:求龍堂)で初めてその名を知った。「不染鉄」という名前が何となく気になったのでネット(ウィキペディア)で調べてみると「不染」が姓で「鉄」が名の画家だった。。それでグーグル(グーグル)で不染鉄の絵を観たのだが、これが実に素晴らしい。心の中にスーッと入ってくるというのか、心がそっちに出て行くというのか分...

続きを読む

若い人はいい

ぼくは今週から(来週にかけて)高校生のレポート(日本語の作文)の添削のアルバイトをしている。本田勝一氏の「日本語の作文技術」を再読した(作文・論文が苦手な人の必読本)のも、そのためだ。高校生の作文なので、構成や表現は稚拙なものが多いのだが、若い熱意というものは十分伝わってきて、結構面白いし、やりがいもある。そんな中で発見したのは、「、」(テン・読点)の打ち方の悪い例がたくさんあることだ。ただ、「、...

続きを読む

芸能ネタはランキングが上がる

 ぼくは昨日市原悦子さんのことを少しだけ書いたのだが閲覧ランキングが急上昇した。災害ネタ、食べ物ネタ、旅行ネタもランキングが上がる。逆に、政治ネタ、経済ネタ、思想ネタはランキングが下がる。ぼくはFC2のブログの中の「日記・その他」にエントリーしているのだが本格的に書き出して3年経ち、大体そういう傾向にあることがわかってきた。もちろんぼくも自分のブログのランキングは高くしたいのだが、だからといって今...

続きを読む

市原悦子って意外と若かったんだ

市原悦子さんの訃報を見た時、享年82歳とあって意外だった。「マンガ日本昔話」は息子たちが子供のころに一緒に見た記憶があるのでもう30年以上も前のことだが、当時すでにおばあさんの語り口だったが、本人は50歳前後だったのだ。昨年81歳で亡くなった常田富士夫さんも同年代だった事を知って、俳優というのは大したものだと感心した。それで思い出したのが、「男はつらいよ」シリーズの御前様で知られる笠智衆だ。彼が小津安二郎...

続きを読む

作文、論文が苦手の人の必読本

本田勝一氏はぼくが学生時代の頃のヒーローだった。彼の初期のルポルタージュは今読んでも価値があるものが多いと思う。朝日新聞記者でありながら、世界中を旅して好きなことを書いて職業にできるなんて素晴らしいと思っていた。だが近年、氏の著書に偽りや矛盾があることが指摘されたらしい。らしいというのは、ぼくが本田勝一を離れたのは社会人になってからだだが、その後ほとんど彼の著書を読まなくなったためだ。なぜ読まなく...

続きを読む

人力自家発電

ぼくはほぼ毎週ジムに通っているし、週に3~4回は4㎞ほど散歩している。目的はもちろん運動不足の解消とストレッチだが、日頃からなんとか人間の動力を電力に変えられないかなと思っていたら、「シャンティ・フーラ」さんが面白い記事を載せていたので貼っておく。昔は自転車にも小さな発電機があってライトは自力で賄っていたことを思うと、スマホの電力くらいは自分の脚力で稼げるのではないかと思う。もしかしたら、もっと発電...

続きを読む

JOC竹田会長捜査はゴーン逮捕の意趣返し?

時期が時期だけに、その可能性は極めて高い。カルロス・ゴーンが最初に逮捕されたのが去年の11月19日で、フランス当局が竹田会長を事情聴取したのが12月10日というから、タイミングが合いすぎる。今後の展開が注目される。東京新聞2019年1月12日朝刊 東京新聞電子版...

続きを読む

9.11の真相(2)

前回に引き続いて9.11について語るのは、実は9.11事件というのがある意味今を生きる人間にとって踏み絵だと思うからだ。「踏み絵」を知らない人はいないと思うが、徳川時代、クリスチャンかクリスチャンでないかをキリストの肖像を踏めるか否かで判定したというのが踏み絵だ。9.11の場合は、アメリカ政府の公式発表(アルカイダによるテロ)を信じるか、信じない(アメリカ政府によるインサイド・ジョブ)かということになる。もち...

続きを読む

9.11の真相

ぼくがいわゆる陰謀論(ぼくは「陰謀論」というコトバは大嫌いで、本来は真実追及論あるいは真実論なのだ。「陰謀論」というコトバは1960年代にCIAが作ったという話は以前ぼくのブログでも紹介した)に目覚めたのは、2001年の9.11事件(米国の「同時多発テロ」と言われている事件)後、その真相に迫ったベンジャミン・フルフォード氏の著作「暴かれた9.11疑惑の真相」という本を2006年に読んだのが契機だったと思う。その後、太田...

続きを読む

初打ちは米軍基地

もちろんゴルフの初打ちだが、昨日米軍のキャンプ座間ゴルフ場に行って今年初めてのゴルフをプレイした。キャンプ座間でのゴルフは2回目だが、初回と違い、慣れるとなかなか楽しい。ここは米軍基地内にあるので、当然誰でも気軽に行けるゴルフ場ではないのだが、面倒な審査を経て会員(ホスト)として認めらたらホスト1人で2組8人(ゲスト7人)までプレーできる。今回も近所でホスト登録した方のおかげでプレーできた。基地に入る...

続きを読む

経団連が原発政策を転換?

あれほど自民党べったりで原発推進を唱えてきた経団連が方向転換の姿勢を打ち出した。これは一大ニュースだと思う。やはり世界的な大きな変化が背景にあるのだろう。自民党はこれからどうするのか楽しみだ。自民党が無くなる方が先かもしれないが。東京新聞2019年1月5日朝刊東京新聞デジタル版TOKYO Web...

続きを読む

水道民営化がダメな理由

以前、ぼくはこのブログで水道を民営化してはいけないと書いた(水道民営化にNO!)が、JRPテレビジョンでその理由を分かりやすく解説していたので、貼っておく。麻生は早く首にしなければいけない。...

続きを読む

大恐慌が来る?

実は3年前くらい前から、大恐慌についてはネット上では噂されていたのだが、いよいよ本当に来そうだ。東京新聞2019年1月4日夕刊 株安の原因は、「アップルがー」とか「米中貿易摩擦がー」とか後付けでいろいろ言われているが、もともとロスチャイルドを代表とするユダヤ系の寡頭金融勢力の計画(奴らはアジェンダという)にすぎない。目的は恐慌を起こしてさらに寡占を進めようとすることだ。90年前と同じことをしてまた儲け...

続きを読む

二回目詣は谷保天神

ここ10年以上、正月1日は近所の鎮守の森の神社、2日は谷保天神に参拝するのが我が家の習わしになっている。谷保天神は関東で最初の天神様ということで受験生に人気があるようだ。ぼくが連れ合いと谷保天神にお参りするようになったのは連れ合いが心理カウンセラーとして12年前に独立し、国立に事務所を開業してからだ。事務所の最寄り駅が谷保天神の近くの谷保駅というご縁だ。谷保天神は中堅どころの神社だけあって正月は結構な人...

続きを読む

謹賀新年

2019年明けましておめでとうございます。今年が平穏無事な良い年であることを祈りたいが、波乱が起きそうな気もする。良い方向への波乱であって欲しいが。それはともかく、今日元旦、ぼくは例年同様に村の鎮守の神社に初詣に行った。いつも散歩の時にお参りする神社だ。普段はほとんど人気がないのだが、今日ばかりはかなりの行列ができていた。お天気は快晴だったし、良い初詣をすませることができた。今年もよろしくお願いします...

続きを読む

プロフィール

YUKI

Author:YUKI
■性別:男
■年齢:後期中年
■趣味:ネット、ゴルフ、マンガ、映画、読書、外国語
■好きなもの:自由、睡眠、酒、タバコ、ネコ

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

カテゴリ