記事一覧

こいつら全員逮捕だろ!

ネットゲリラ(ネットゲリラ)さんからの引用です。...

続きを読む

新しい生活習慣はNHKと大手新聞を止めること

それだけで日本は変わると思う。当然、情報はネットで自主的に取得するべきだ。では、ネットで情報を得られない老人はどうやって情報を得るか?実はそこが一番難しい問題だ。ぼくも老人一歩前だがぼくよりも先輩はほとんどが戦後教育を徹底的に刷り込まれていて、しかもネットから新しい情報を取得することが困難で、NHKや大手新聞が言うことが正しいと信じている人がほとんどだ。ぼくがNHKや大手新聞のインチキに気がついたきっか...

続きを読む

5Gはコロナよりやばい

5Gは危険だということはぼくのブログで過去に何度か書いたが、新しい情報があったので貼っておく。5Gはコロナより恐ろしい。...

続きを読む

日経新聞はデタラメ新聞

前回、NHKは見るな、大手新聞は止めろと書いたが、その続き。ぼくは大手ゼネコンに勤務していたが、資材部という部署で鋼材の購買を担当していた時、日経新聞から取材があった。ぼくは丁寧にその時の情勢を踏まえて今後の相場を説明したのだが、記事はぼくの言ったことと真逆でびっくりしたことがあった。その時の体験で「日経新聞は信用できない」と思ったのだが、後に仕事ができる人ほど日経新聞の記事を信用していないことを知...

続きを読む

安倍退陣とか菅新総理にはまったく興味がない

マスコミは勝手に騒いでいるが、菅総理の支持率が60%とか70%と言われても国民としては「?」という印象しかないと思う。何せ新政権が「何も変えない変わらない」という姿勢なのに、なぜ国民がそれだけの支持するのかが不思議だ。ぼくは大手マスコミは10年以上前から世論調査でインチキをしていていると思っている。そういう意味で、ぼくははっきり言ってマスコミは新型コロナより何十倍、何百倍も有害だと思っている。NHKはもち...

続きを読む

新型フィット(フィット4)に乗ってみた

ぼくはフィット3の1.3Ⅼガソリンモデルを3年前に購入して、今回1回目の車検を迎えた。車検の間、代車として新型フィットのハイブリット型を貸してもらった。ぼくは新型フィットのハイブリットにはとても興味があったので、全身を集中して新型フィットを運転した。良い点は予想通り、前方、特に右前方の視角が非常に良くなったことだ。フィット3は視角が悪いのが致命的欠点だったので、その点は大幅に改善されていて良かった。もう一...

続きを読む

21世紀の悲劇は2001年9月11日から始まった

2001年9月11日にアメリカで起こったことはだれもが知っているが、その原因については誰もが納得しているわけではない。当時のアメリカ政府が発表したような「アルカイダ」の犯行だと信じている人もいれば、アメリカ政府による「自作自演」だと信じている人もいる。問題は20年近くたっても未だに真実が明らかにされないことだ。ぼくは、もちろん9.11事件はアメリカ政府によるインサイドジョブ(自作自演)だと思っているが、ここに...

続きを読む

コロナはフェイクではないが騒ぎすぎ

今となって明らかになったことは、日本では諸外国に比べて著しく死者数が少ないことだ。その原因は今後でじっくり専門家に調査してもらうとして、こんなものを疫病と言って大騒ぎをするのはとんでもない間違いだ。日本はもう通常の生活に戻すべきだ。Kazumoto iguchi's bjog...

続きを読む

「NHKは見ない、新聞は読まない」が新しい生活習慣

ぼくはスマホやパソコンから必要な情報をほとんど得ている。もちろん最新の台風情報などはテレビが役立つこともあるが、NHKの情報だけが信用できるわけではないので民放で十分だ。ましてほとんどの大新聞の情報は権力側から発信されるフェークニュースなので、読むだけ時間のムダだ。まずNHKの契約を止め、新聞の契約を止めることから新しい生活習慣を始めよう。生活費の節約にも大いに貢献することになる。ぼくは団地に住ん...

続きを読む

児玉龍彦は「役者じゃのー」

歯痛やバイトでしばらくブログを休んでいたが、井口和基博士のブログ(Kazumoto Iguchi's Blog3 )に面白い記事が紹介されていたので貼っておく。以前ぼくのブログでも児玉龍彦という東大教授のうさん臭さを書いたが、井口博士も同様のことを書いていらっしゃるので紹介する。児玉龍彦は原発事故の時に「除染」を国会で訴えて、その方向に進んだ経緯がある。その時の演説は実に感動的で、ぼくも涙するほどだった。しかし、その...

続きを読む

菅が総理大臣をやる意義はどこにあるのか

第一に安倍の犯罪隠し第二に安倍の失政隠し第三に菅の出世欲かな。だが、そう思い通りにはいかないと思う。安倍の犯罪は少なくとも国民の半数は覚えているはずだし、経済はこれからどん底に向かうので、菅が総理大臣というのはどこかの記者が言ったように総選挙までのピンチヒッターだろう。泥まみれになるのがわかっていて、ピンチヒッターを引き受けるという菅はある意味立派かもしれない。もちろん、ぼくは奴を全く評価していな...

続きを読む

幸福か否かは今現在の状況次第

歯痛で歯医者に行った。たった1本の歯でも、痛むと、不幸のドン底に落ちる。過去が幸福であろうと不幸であろうと、人間は「今現在」の状況に左右される。今現在、歯が痛いと即「不幸」なのだ。そして、歯痛が止まれば、またこのように機嫌よくブログが書ける。そんなことを改めて認識した。...

続きを読む

次期総理は菅で決まり

マスコミが既定事実のように報道しているように今回は菅が総理になると思う。しかし、あくまでも臨時総理であって、次の衆院選までだろう。その間、菅には何も期待できない。次の衆院選がタ-ゲットだが、その前に不正選挙について追及されなければならない。ぼくの持論だが選挙にはムサシのような民間業者は排除し、選挙管理委員会が手で開票すべきだ。もちろん期日前投票の投票箱の管理は選挙管理員会のメンバーが24時間監視すべ...

続きを読む

世界水準のゴルフ理論は革命的

二週間前に拙ブログでゴルフの本を買った話を書いた(最新のゴルフ理論)が、結局、その後続編(実践編)とビジュアル編(DVD付)も買ってしまい、大散財(といっても全部で5,000円ちょっと)してしまった。現代の「世界標準のスイング」はぼくが30年前にゴルフを始めたころに教わったスイングとはまるで違う。走り高跳びで言えば、昔主流だったベリー・ロールから背面飛びに変わったくらいの変化だ。例えば(昔)リストターンを使...

続きを読む

ぺぺ・ロメロが存命中の最高のクラシック・ギタリストかな?

ペペ・ロメロの凄いところはフラメンコギターの名手でもあることだ。なので、以前紹介した彼の「アランフェス協奏曲」が見事だったわけだ(我が良き友へ)。ぼくは「アランフェス協奏曲」はフラメンコギタリスト(あるいはクラシックギタリストでもフラメンコも弾ける人)でないと弾けないのではないかと思う。なぜなら「アランフェス協奏曲」はスペインの土着の音楽だからだ。...

続きを読む

船瀬俊介氏が語る「ワクチン」「抗がん剤」「不正選挙」

船瀬俊介氏はぼくが昔から尊敬する評論家で、特に医療の闇について多くの著作がある。今回、JRPテレビジョンで「ワクチン」「抗がん剤」「不正選挙」について短く、分かりやすく、面白く語っているのでぜひご覧いただきたい。...

続きを読む

「半沢直樹」は現代の歌舞伎だ!

TBSドラマの「半沢直樹」が面白い。視聴率も高いらしいが、何といっても俳優の熱演がいい。ほとんど歌舞伎の世界だ。テレビはほとんど見ないぼくだが、このドラマは大好きだ。...

続きを読む

5Gは日本人にとって新型コロナより重要な問題かもしれない

船瀬俊介氏はぼくが十年以上前から一目も二目も置いている評論家だ。彼の著書の必読書は「抗がん剤で殺される」「ガン検診は受けてはいけない」だとぼくは思うが、彼がたまたまJRPテレビジョンに出演していたので貼っておく。...

続きを読む

安倍首相の辞任会見は生前葬のようだった

昨日ぼくがブログで予想したように今日、安倍は辞任した。ぼくはこの日を待ち望んでいたのだが、うれしいという感情は起きず、記者会見を見て、なんだか葬儀に列席しているような感覚だった。多くの人はぼくと同じ感情を抱いたのではないのだろうか。おそらく、気の毒だが安倍の寿命は長くはないと思う。だが、犯した犯罪はきっちりと白黒をつけないといけない。それができるか否かが法治国家であるかどうかの境目だ。...

続きを読む

明日、安倍首相は辞任を発表するようだ。

持病の悪化説、大腸がん説、鬱病説といろいろあるが、ぼくはあまり安倍首相の病状については興味がない。しかしながら唯一注目していたのは、安倍首相が美食家だった点だ。おそらく、あれでは長生きはできないと思っていた。まだ死んでないが(笑)。古くは仏陀、江戸時代の水野南北、最近では船瀬俊介氏が説くように、粗食(といっても栄養を考えた)と少食が健康の秘訣であることは間違いないと思う。その点、安倍首相はおそらく...

続きを読む

日本経済はこれから地獄。しかし国会は機能せず。

今後多くの自殺者が出そうな日本経済だが、自公政権は国民なんぞ「カンケイネー」とサボタージュしている現状に、マスコミも国民も沈黙している現状に不気味ささえ感じる。世も末とは今のことなんだろう。...

続きを読む

第二次安倍政権とは一体何だったのだろうか?

第二次安倍政権は最長不倒記録を達成したようだが、それがどうした?マスコミは安倍政権の成果は何もなかったと今になって言っているが、何を寝ぼけたことを言っているのだ。第二次安倍政権の成果は、日本をどん底まで引きずり落としたことではないか。経済はもちろん、最もダメージを与えたのは道徳の堕落だ。「今だけ、カネだけ、自分だけ」を自ら率先して実践した結果、日本は詐欺師だらけの国家になってしまった。おそらく安倍...

続きを読む

安倍よりも麻生の方が我が国は悪くなる

安倍の知能指数はおそらく100未満だが、麻生は100程度はあるかもしれない。しかし、知能が少し高い分だけ麻生の邪心は安倍よりも大きいかもしれない。麻生は悪名高いロスチャイド家と縁戚関係を結び、日本中の水道事業を民営化して自分の支配にしようとしている極悪人だ。いずれにしても、絶対にひょっとこ麻生(=馬鹿&真の悪人)は絶対に再び総理にしてはいけない。...

続きを読む

フラメンコギターの天才パコ・デ・ルシアは既に亡くなっていた

最近、パコ・デ・ルシアの「アランフェス協奏曲」を聞いて、彼の演奏が他のだれよりも素晴らしいと思っていたら、彼は2014年に亡くなっていたことを知って、実に残念な気分だ。Wikipediaから抜粋彼の演奏を再掲しておく。...

続きを読む

「パラサイト 半地下の家族」は南北朝鮮の韓国人から見た心の反映?

以前、「『パラサイト 半地下の家族』はぼくにとっては駄作だった」という記事を書いたが、妙に気にかかることがあるので、再度取り上げる。半地下の家族はまさに韓国の庶民であり、丘の上に住む富豪は韓国の上級国民だ。では地下に住んでいた住人は何かというと、北朝鮮人民なのではないかとふと気が付いた。実際、映画の中でもそれを暗示する場面があった。そういう見方をすると少しこの映画について興味も湧く。だとしても、ぼ...

続きを読む

アベの後はアソウ?冗談はヨシコさん。

古いジョークを使ってしまったが、この話題にはちょうどいいのではないか。ぼくの予想ではそうなる可能性も50%程度はあるかもしれないが、所詮、臨時内閣だろうと思う。半年後か1年後かはわからないが、次の総選挙では自公政権はまちがいなく潰れるだろう。潰れない場合は不正選挙だから、その次の選挙はボイコットしよう。とにかく、今の日本はリーダー不在の非常事態だ。...

続きを読む

最新のゴルフスイング理論

ぼくは今日マイカーの車検前点検という今まではやったことのない点検のため、多摩市の永山駅近くのディーラーに行った。都合で早く着き過ぎたので久しぶりに永山駅まで10分ほど歩いて行って時間を潰すことにした。永山駅にはリトナード永山という立派な商業施設があって、その中に「くまざわ書店」という中規模の本屋が入っている。ぼくは本屋で時間を潰すのは得意なので、1時間ほどブラブラしていたのだが、そこで目に止まったの...

続きを読む

山本太郎と大西つねきの主張はそもそも土俵が違う

土俵が違う中での思想の違いで、山本太郎が大西つねきを切ったのは誠に残念と言うしかない。ぼくは大西つねきの主張していることは間違っていないと思う。要するにギリギリになったら年寄りよりも、若い人を重視すべきだと言っているに過ぎない。例えば旅客船が沈没する時、救命ボートに乗せる順番はそうなっているのではないか?大西つねきもなぜこの時期にこういう発言をしたのか疑問だが、おそらく新型コロナが念頭にあったのだ...

続きを読む

安倍首相や小池知事の私利私欲が結果的に新型コロナから日本人を救った?!

井口和基博士のブログ(Kazumoto iguchi's blog3)はしばしば有益な情報を教えてくれるので、ぼくは毎日チェックしている。最近で特によかったのは、下記YouTube番組を紹介してくれたブログだ。この番組は約1時間余りあるのだが、新型コロナに関する極めて学問的な重要な情報であるにもかかわらず、素人のぼくが視聴してもわかりやすく、かつ面白いので全然長いと思わなった。新型コロナに対する常識的な考え方が、コペルニクス的...

続きを読む

ドラマ「半沢直樹」はこのご時勢で最高のエンタテインメント!

ぼくは、テレビドラマはこれと「相棒」しか観ないのだが、「相棒」がパワー不足になった今、絶対的に面白い。なんだかんだと言っても勧善懲悪の芝居が古今東西人気を博するわけで、「半沢直樹」はストレートに、面白く、かつ現代的にその芝居を見せてくれていて、毎回とても興奮する。特に普通の人が言いたくとも言えない啖呵を切る半沢直樹は最高だ!ぼくも、これからも自分のブログで啖呵を切ろうと思う。あまり見る人はないと思...

続きを読む

明治天皇「すり替え説」VS「新説・すり替えてない説」

明治天皇が江戸時代最後の天皇の孝明天皇の皇太子(睦仁親王)であることは、公式(教科書)上の歴史だが、それに異を唱える人も多い。ぼくがそのことを最初に発見したのは故・太田龍氏がその著作「長州の天皇征伐」(成甲書房 2005年11月5日第1刷)の中で、鹿島曻という人が初めて長州による孝明天皇弑逆と明治天皇すり替え説を唱えたということを紹介していたことだ。その後、加治将一という作家が「幕末 明治維新の暗号」(20...

続きを読む

厚生労働省は国民の健康管理は絶対にしない

タイトルの言葉は、厚生労働省の高官が、下に貼っているJRPテレビジョンの講師の小林博士に言ったもの(19分50秒くらい)だ。船瀬俊一氏の一連の著書でも厚生労働省は国民の健康どころか、不健康にして大手薬品会社の利益のために働いているということが暴露されている。そういうわけで、ぼくは前回の記事「プラズマクラスターが新型コロナに有効だと知って欲しくない厚労省?」を書いた。...

続きを読む

プラズマクラスターが新型コロナに有効だと知って欲しくない厚労省?

シャンティ・フーラさんから朗報です。以前にもシャンティ・フーラさんからSERSに有効だったという記事が出ていたので、ぼくはシャープのお客様相談室に問い合わせたところ、新型コロナに有効かどうかの実験はしていないし、予定もない、という消極的な回答っだった。ぼくが思うにはプラズマクラスターが新型コロナウイルスに有効だということがわかると都合の悪い権力(例えばWHO、厚生労働省、大手製薬会社)が、シャープに圧力...

続きを読む

未来の首相・小川淳也について知ろう!

ぼくは、未来の首相にはまず山本太郎になって欲しいのだが、その次は小川淳也だ。実はぼくも小川淳也に関する知識はほとんどなかったのだが、この動画を見て、首相候補にふさわしい人だと確信した。ぼくと同県人(香川県)だし(笑)。山本太郎と小川淳也が組めば最強なのだが、周りはどう見ているのかな?とりあえず、時間のない人には最初の動画だけでもいいので見て欲しい。...

続きを読む

太田龍直系の弟子の陰謀論(=真実暴露論)

知らない人が多いと思うが、日本でいわゆる「陰謀論」(実は真実暴露論)を一般に広めてくれた功労者は故・太田龍氏で、ぼくも氏のおかげで現実に目覚めさてもらった。真実を知り、受け入れることは、実は大変な困難を伴うことだ。ぼくも太田龍氏のおかげで世界が「ゴッドファーザー」の百万倍以上のパワーを持つマフィアによって支配されていたことを知り、鬱になりそうになった。ここでぼくの陰謀論の知識を振りかざしても仕方が...

続きを読む

心に染みるクラシックギター演奏

ぼくは、このギタリストについては全く無知だが、ギターの本来の良さを分からせてくれる演奏だと思う。アンドレス・セゴビアやパコ・デ・ルシアを目指してもオリンピックの金メダルを狙うようなもので、全く現実的ではないし、そもそも無理だ。でも、この演奏家には近づくことができるかもしれないという希望を持たせてくれる意味で、とても良いと思う。...

続きを読む

ぼくのブログも方向転換

武田邦彦氏は物理学者だが、新型コロナウイルスの問題では科学的に多くの有用な情報を発信されてきた。ただ、バカな(あるいは意図してバカなふりをしている)マスコミには多勢に無勢で、武田氏の意見はほとんどメジャーにはならない。武田氏は今まで彼のファン以外に政府やマスコミを念頭において発言されてきたようだが、今後はファンのみを念頭に置いて発言するという。そうすることによって幸せを実感されたようだ。ぼくは武田...

続きを読む

リニア中央新幹線に秘められた陰謀

リニア中央新幹線は莫大な電力を消費するということで、では電力をどうするのかについてJRPテレビジョンで恐ろしい話を聞いた。なんと、中央アルプスの地下に原発を建設するというのだ。ぼくは莫大なカネをかけ、自然を破壊し、強力な電磁波が人体に悪影響を及ぼすかもしれない中央リニア新幹線には前から大反対だが、地下原発をそのために作るというのは最早クレージーだ。JR東海は中央リニア新幹線を早期に断念し、東海道新幹線...

続きを読む

日本政府もマスコミも日本国民をどうしたいのか?

政府も都知事も府知事もマスコミも全く科学的な思考脳がないまま適当なことをを言って、国民を脅かしたり、萎縮したりさせているが、お前らはどこかの国の工作員かとぼくは言いたい。PCR陽性者数が増えているのは、PCR検査件数が飛躍的に増えているだけなのに、政府も、自治体も、マスコミもそれを言わない。また死亡者数も激減しているのに、それも言わない。奴らは明らかに日本国民の敵だとぼくは思う。...

続きを読む

新型コロナは感染するとヤバいが感染率・死亡者は圧倒的に少ない

政府・新聞・テレビの正体がここにきてはっきりしてきたのではないだろうか。新型コロナを煽って、日本経済を崩壊させるのが今の日本政府目的だ。日本経済を崩壊させたら彼らも生きていけないのではないかというのが素直な疑問なのだが、とりあえず彼らは今だけカネだけ自分だけのために、上の指示に従っているようだ。では、上とは何か?普通の人はアメリカ合衆国=トランプと思うだろうがそこが違う。今まで日本を牛耳ってきたの...

続きを読む

新型コロナの今までのまとめ

この半年間のまとめを武田邦彦博士が手短に解説してくれているので、ぜひ視聴して欲しい。もう、政府や地方自治体やマスコミにだまされず、武田博士のアドバイスに従っただけで新型コロナは収束すると思う。...

続きを読む

新型コロナは世界経済を破壊している

ぼくの見解では、新型コロナは人口ウイルスで、世界をほぼ手中にしているイルミナティ(グローバリスト、偽ユダヤエリート)がばらまいたものだと思っている。目的は世界経済をリセットすることと、世界の人口を削減することだ。それはともかく、今現実に起こっていることを紹介している藤井聡のYouTubeを紹介しておく。...

続きを読む

新型コロナに関する最新情報・二題

科学者の武田邦彦氏は新型コロナは陽性者数(感染者数?)は増えているものの、死者は10分の1となっていることから、ほぼ終焉したと主張している。作家の加治将一氏もほぼ同様な視点だが、厚生省が効果未確認のワクチンを6,000万人分契約したと主張している。これが本当なら、国会を無視した政府の独断ということになる。新型コロナが収束してきても、政府の出鱈目は加速するばかりだ。...

続きを読む

「パラサイト 半地下の家族」はぼくにとっては駄作だった

あれほど評判のよかった映画を今日、アマゾンのオンラインで観た。ぼくは若い頃は映画通だったので、30分くらい観たところで、もう止めたくなった。なんとなくラストが読めるのだ。それでも有料なので最後まで観たが、実に暗い気持ちになっただけで、観たことを後悔した。なぜカンヌ映画祭・パルムドール賞なのかさっぱりわからない。「万引き家族」の方が数段上だと思う。あくまでも、ぼくの個人的意見だ。...

続きを読む

渥美清主演の映画「父子草(ちちこぐさ)」に涙する

今日は前から楽しみにしていた「パラサイト 半地下の家族」をアマゾンのレンタルで観た。ぼくが期待していたのと全く違う映画だった。長女役の女優が若い頃の田中裕子に似ていて可愛かったが。それでというのではないが、何となくYouTubeを見ていたらタイトルの映画に目が止まり、少し観るつもりが結局全部観てしまった(笑)。昔の日本映画はなかなかいいね。...

続きを読む

いいかげんな新型コロナ情報を垂れ流すマスコミは国民の敵

武田邦彦氏は新型コロナに関し、早い時期から論理的な主張をしてきた。今となっては「空気感染はほとんどない」という初期の主張に関しては疑問があると言わざるを得ないが、それを差し引いてもやはり氏の主張は傾聴に値する。特に今回の話は全く同感だ。マスコミはどこそこの都道府県で「感染者数が何人」という報道はいいかげんに止めて、「PCR検査者数何人に対して、陽性者が何人」と正確に報道しなければならない。そうでな...

続きを読む

新型コロナウイルス陽性者数は国民の5%?

東京の場合、3,000人ほどPCR検査をして200~300人の陽性者が出ているということなので、5%程度は陽性ということだ。その確率で言うと、おそらく東京だけでも陽性者数は1200万人×5%=60万人はいるということだ。そういう環境で今日は感染者数(実際はPCR検査陽性者数)が200人、300人と発表することには何の意味もない。マスコミは科学的根拠にしたがって国民はどう行動すべきか正しく報道して欲しい。今のマスコミには全く...

続きを読む

児玉龍彦のインチキについて朝堂院大覚師も指摘している

ぼくは以前から児玉龍彦の偽善性を指摘してきたが、JRPテレビジョンでも同様の指摘があって心強い。児玉龍彦はイルミナティのジョーカーだとぼくは思う。...

続きを読む

こういう日本にしてしまったことを若い人に詫びる。

ぼくは今年の10月で65歳になる。額は少ないけれど、一応国民老齢年金も満額受け取れて、質素な生活をして病気もしなければ、おそらく死ぬまではそれほど困らないだろうと思う。まあ、ぎりぎりセーフの世代だ。しかし若い人はそうはいかないだろう。すでに老齢年金受給年齢は将来70歳からだという話も聞く。少子高齢化が原因?だが、そういう話を信じてはいけない。真実は、政治家と役人が大金をガメたり、浪費したからだ。減った分...

続きを読む

日本の政府・官庁・大企業・マスコミはもう死んでいる!

ぼくはもう何度もこのブログでこの国は機能不全に陥っていることを指摘してきた。今回は、朝堂院大覚師がそのあたりをまとめた短時間の動画を配信してくれていたので紹介する。...

続きを読む

プロフィール

YUKI

Author:YUKI
■性別:男
■年齢:後期中年
■趣味:ネット、ゴルフ、マンガ、映画、読書、外国語
■好きなもの:自由、睡眠、酒、タバコ、ネコ

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

カテゴリ