記事一覧

次回の選挙では「れいわ」の公約に「選挙開票は人の手で」を加えて欲しい

今回、「れいわ」は大奮闘していて、有権者の反応もいいようだが、結果が出るかが心配だ。もちろん、不正選挙だ。しかし、確たる証拠がない以上、過去の重要選挙が不正だったと言い張るわけにはいかないし、今後もそうだ。だから、昔のように「選挙開票は人の手で行う」を公約にすればいい。それに反対する政党はこれまで不正をやっていたことを認めることになるから、反対できないのではないか。選挙は公正でないと意味がない。以...

続きを読む

山本太郎の魂の叫び

山本太郎のスピーチはYouTubeで一杯見たが、7/15に新宿西口で行ったスピーチは特に良かった。ぼくは人のスピーチで感動することはめったにないが、山本太郎の演説には毎回感動する。比例代表は「山本太郎」か「れいわ」、東京都選出には「野原ヨシマサ」に投票しよう!...

続きを読む

映画「新聞記者」を観た

いい映画だった。少なくとも、昔のアメリカ映画「大統領の陰謀」よりはよほどリアルで良かったと思う。森友学園事件、加計学園事件、山口レイプ事件を理解している人はリアルな映画だと思うだろうが、これらの問題を理解してない人には、この映画はフィクションではないと伝えたい。もちろん、映画なのでフィクションの部分はあるが大筋はノンフィクションで、現在も継続中のことなのだ。したがって、ぼくの採点評は映画的には☆☆☆★...

続きを読む

マスコミを信じるな

ぼくがマスコミを信じなくなったのはそれほど昔のことではなく、せいぜい10数年前くらいからだ。2001年の9.11事件の時はまだ完全にマスコミを信じていて、ぼくもアメリカはアフガニスタンでもどこでも行って、テロリストをせん滅しろと思っていた。しかし、その後アメリカがイラクを侵略にするにおよびぼくの頭の中で?マークが増加していった。2006年くらいになってベンジャミン・フルフォード氏の著作「暴かれた9.11疑惑の真相」...

続きを読む

セブンイレブンの本部は悪魔だ

ぼくは家から5分くらいのところにセブンイレブンがあって、重宝させてもらっている。だが、本来セブンイレブンの会社名になっていると思われる7~23時以外に行くことはほとんどない。ぼくの住んでいるところは多摩ニュータウンの住宅地で、おそらく23~7時まではほとんど客がいないと思う。それでも営業するのはセブン本部の指令のようで、フランチャイズ経営者は命令に従わないと契約を破棄されるそうだ。それでは経営者ではなく...

続きを読む

山本太郎は救世主

ぼくが初めて山本太郎を見たのは、7年前(2012年)に彼が原発反対の演説をしているのを新宿西口で聞いたことだったことは何度もこのブログで書いている。彼はその後国会議員になり小沢一郎と共に活動してきたが、ついにこの4月に独立して「れいわ新選党」を立ち上げた。はっきり言って小沢一郎と別れたのは彼にとって正解だと思うし、今回の「れいわ新選党」旗揚げは本当に素晴らしいと思う。実は山本太郎と一緒に立候補する人間に...

続きを読む

れいわ新選組は台風の目

ぼくは一貫して山本太郎氏を支持してきたが、今回の参議院議員選挙では山本太郎率いる「れいわ新選党」が台風の目になっていることは間違いない。しかし、大手マスコミは権力に忖度して(怯えて、または買収されて)取り上げない。一般国民の大多数は大手マスコミ(とりわけNHK)が取り上げないことはなかったことと思っている。ぼくも、10数年前に陰謀論(実は陰謀暴露論または真実論)を知るまでは全く同じ思考で大手マスコミが...

続きを読む

至高の芸術

ここのところぼくのブログは政治的な内容が続いていて、ぼく自身疲れるのだが何の拍子かYouTubeでギタリストのカニザレスの演奏が送られてきた。やはりいい。前にも紹介したが再度貼っておく。クラシックギターの巨匠は何といってもアンドレス・セゴビアだが、カニザレスはフラメンコギター出身で、クラシックギターに挑戦したということだ。セゴビアのアランフェス協奏曲は聞いたことがないが、カニザレスのアランフェスは他のど...

続きを読む

れいわ新選組は命がけ

れいわ新選組の候補者が迫力があるのは命を懸けているからだと思う。重度身体障碍者の2人の候補者はもちろん、山本代表を初めその他の候補者8人も命をかけている。なので、演説にあれだけの力があるのだ。蓮池透さん以外の候補者の演説はぼくのブログでも見られるので、ぜひ見てください(蓮池透さんの演説はたまたまぼくがチェックしていなかっただけで、後日見ると、素晴らしい)。...

続きを読む

菅官房長官は極悪人

安倍内閣は犯罪内閣だ。菅官房長官はなんとかまともな内閣にしようと当初はがんばっていたかもしれないが、今やすでに終わっている。「おまえはもう死んでいる」は自民党と公明党に浴びせる庶民のコトバだ。シャンティフーラ...

続きを読む

新聞とNHKを止めると月に7000円くらいの節約になる

東京新聞以外の新聞もNHKも今や大本営発表以外の報道をしないのだから何のプラスにもならない。それどころか、全く間違った方向に世論を誘導するだけだからむしろ有害だ。なので、ぼくは東京新聞以外の新聞とNHKを止めることをオススメする。ぼくは最近、新聞の中では最もましな東京新聞を止めたが何の支障もない。それは情報はネット(東京新聞もデジタル版で無料で読める)で好きなだけ取れるからだ。あとはNHKを止めたいのだが...

続きを読む

ムサシ 不正選挙

前のブログで、ムサシと不正開票(不正選挙)について書いたが、なんのことかわからない方はぜひタイトルの「ムサシ 不正選挙」をGoogleで入力して調べて欲しい。ぼくの過去のブログでも何度も書いているが、ご自分が調べるのが最もよく理解できると思う。...

続きを読む

全国民必見!超不愉快な政見放送

もちろん自民党です。ぼくは、気持ちが悪くなるのでほとんど見ていないが(笑)。これで、支持率は10%は消えるだろう。あと心配なのはムサシによる不正開票だ。...

続きを読む

三原じゅん子は北朝鮮国営放送オバサンそっくり!

昔から三原じゅん子は下品で嫌いだったが、今や自由民主党の議員で政見放送で安倍総理と共演するほど偉くなった(笑)。しかし、彼女はすっかり少し前の北朝鮮国営放送のオバサンとそっくりになった。まあ、彼女が自民党で議員として生きるにはそれしかないだろうが。本当はそんなことはどうでもいいのだが、自民党の政見放送とれいわ新選組の政見放送のレベルがあまりに違いすぎるのが話題になっているので紹介する。もちろん、自...

続きを読む

権力者はステルスがお好き

安倍首相は「こんな人たち」のヤジを恐れ、遊説日程を公表しない「ステルス作戦」を取っているようだが、「こんな人たち」はどこでもいるようだ(笑)。阿修羅♪掲示板一方、公明党党首の山口那津男は無所属になったのか、ポスターに「公明党」という文字がないようだ。阿修羅♪掲示板情けない権力者たちだ。...

続きを読む

「れいわ新選組」のライブは大迫力

ぼくもすべての「れいわ新選組」の画像を見ているわけではないが、今回の7/7の赤羽はかなり良かったのではないかと思う。騙されたと思って冒頭の3分だけ見て欲しい。そうすると太郎さんの話術と立候補者の面白い話で全部見てしまうことになると思う(笑)。やはり街頭演説は迫力がある。...

続きを読む

選挙開票は人手で行うべき

現代の選挙は村や町のレベルではどうか知らないが、もっと大きな選挙ではコンピュータが介在し、しかもそのコンピュータを操っているムサシという会社がほぼ独占的に選挙開票業務を請け負っている。ぼくは自分のブログで何度も書いたが、それこそが日本の政治問題の根幹だと思う。ぼくが最も支持する政治家である山本太郎氏でさえも、そのことに触れないのを疑問に思う。選挙開票はムサシとかいった民間企業を排除し、何日かかって...

続きを読む

「新聞記者」を観に行こう!

昨日も書いたが、映画「新聞記者」は今の社会を知るために有益な上に、映画としても面白いらいしいので、映画から遠ざかっている人も是非観に行っていただきたい。もし、この映画が原因の一つとなって自・公が参院選で負けるようなら痛快だ。「新聞記者」スチール写真「新聞記者」」予告編...

続きを読む

朝堂院大覚師が「新聞記者」を推薦

ぼくが尊敬する日本人の一人である朝堂院大覚師が自ら主宰するネットテレビ(JRPテレビジョン)で東京新聞と望月記者を賞賛し、映画「新聞記者」を観るよう推薦している。実は映画好きの知人と昨日会った時、最近観た映画で最も面白かったのは何かと質問したところ、やはりこの映画をあげていた。ぼくも観に行こうと思う。「新聞記者」スチール写真「新聞記者」」予告編...

続きを読む

れいわ#10は派遣でシングルマザー

この方もたいへん苦労してきて方だと思うし、おっしゃっていることは至極ごもっとだと思う。動画の話題にも出てくる竹中平蔵という人間は、実はぼく自身が当時某ゼネコンのPFIの担当者だったころに、彼の講演会に行かされて会ったことがある。彼の外観上のイメージはソフトな紳士に見えるが、ぼくはその講演会で鳥肌が立つほど彼を嫌悪した。なぜならば、彼からは邪悪なパワーが発散されていたからだ。彼は悪魔教に帰依している人...

続きを読む

れいわ#7,8,9

ぼくはブログでれいわ6番目の人が出てくる動画を紹介した後、テンプレート(ブログの見た目の配置)がおかしくなり、試行錯誤を繰り返して現在のテンプレートに落ちいた。前と違うのは、記事ごとに標題だけ表示され、中身はクリックしないと見えないことだ。ぼく自身、前に何を書いたかよく覚えていないのでそれでいいか、と思っている(笑)。そこで今日の記事だが、またまたれいわ新選組だ。立候補予定者が毎回すばらしいからだ...

続きを読む

れいわ#6はすごい破壊力!

れいわ新選組の立候補予定者が連日ネットで紹介されていて、ぼくも自分のブログでその都度感想を書いているが、6番目の野原よしまさ氏は破壊力において今までの候補者よりもダントツだろう。何せ現役の創価学会員でありながら、現在の公明党を痛烈に批判していて、公明党支持者のかなりの票を持っていきそうだからだ。現在の公明党とコアな創価学会信者との隔たりは、朝堂院大覚師がJRPテレビジョンで常に指摘していたところだが、...

続きを読む

新聞を止めた

ここのところ10年以上購読してきた東京新聞を止めることにした。東京新聞は他の新聞に較べれば良心的な新聞だ。これまでは東京新聞にカンパするような気持ちで購読してきた。ただ、今年の4月からそれまでの3,300円ちょっとから3,700円に値上がりしていたことに気がついて止めることにした。もちろん他の新聞を取るつもりは全くない。新聞については10年前くらいから講読する必要性をあまり感じなかった(ネット上の優れたブログの...

続きを読む

やはり小沢一郎は終わっていた

ぼくは過去のブログで小沢一郎に期待するのは止めたと書いた(脱「小沢一郎」)が、れいわの候補者(#5)である三井よしふみ氏がいみじくもそのあたりを暴露していて面白かった。もちろん、山本太郎氏もそのあたりが良く分かったので小沢と袂を分かったのだろう。もう小沢の時代は永久に来ないと思う。...

続きを読む

本澤二郎のブログが切断された

本澤二郎というジャーナリストのブログが3月25日以降消えたので、どうしたのかなと心配していたら、ご本人は健在のようで良かった。だが、ライブドアのブログからは何の事前通知もなく切断されたようだ。すでに日本は暗黒社会になっている。本澤二郎の「日本の風景」...

続きを読む

れいわ新選組3人目の立候補予定者に驚きと感動

2人目の立候補予定者・安富歩の会見の後、3人目の立候補予定者・木村英子氏の会見を見た。最初は驚き、やがて感動した。やはり山本太郎は大した男だ。...

続きを読む

「やすとみ歩」は素晴らしい候補者

前回のブログでネットゲリラさん(ネットゲリラ)のブログから安富歩氏の記者会見を引用したが、YouTubeに会見全体があったので紹介しておく。予想通り安富氏はユニークで非常に頭脳明晰な人だ。特に経済の本質を分かりやすく説明したくだりが32分40秒くらいから5分程度あるので、時間のない人もその部分だけは見て欲しい。...

続きを読む

れいわ新選組が面白い

れいわ新選組に新たに安富歩という東大教授が加わったのだが、この人はとてもユニークで面白そうだ。ぜひ、ネットゲリラさんのブログを開いて、安富さんの発言を聞いていただきたい。ネットゲリラ...

続きを読む

鞆の浦観光記

ここ数日、実家の四国・香川県まんのう町に帰省していた。帰省の目的は、95歳の老母と同居している兄が旅行に行く期間ぼくが母の面倒を見ることだ。面倒を見るといっても母はまだ畑仕事や簡単な炊事はできるほど健康ではあるのだが、やはり一人では何かと不自由なのでぼくが家政夫をするわけだ。当初は帰省の交通手段として、新宿⇄琴平(まんのう町の隣町)の深夜高速バスで往復していたが、それだけだとつまらないので、1日目は岡...

続きを読む

基地外の事件は無視しよう!

基地外が事件を犯すことは過去にも無数にあったし、現在も良くある。最近話題の事件もそうだ。神奈川の事件では逃亡者の住居の周辺の学校が休校にするという異常な事態だ。別に子供専門に傷害を繰り返すという逃亡者ではないのだから当局は行き過ぎではないかとぼくは思う。周辺の住民が学校を守ってやれよ。そんな基地外事件がNHKをはじめとする全国ニュースのトップになり、本当に国民にとって重要な問題が忘れ去られる。権力が...

続きを読む

不正選挙が最大の問題

次の参議員選挙でもおそらく自公が勝つだろう。なぜかといえば、今の日本の国政選挙(あるいは都知事選挙等の重要な選挙)は不正選挙だからだ。もちろん決定的な証拠はない。ただ、状況証拠的には灰色だらけだ。とにかく、ぼくは何度もこのブログで書いたが、選挙の開票は人の手でやるべきだ。投票も人がやるのだから開票も人でやるのが当然だと思う。そこにコンピュータを介在させるから、ムサシとかいう怪しい会社が出てくるわけ...

続きを読む

日本は明治から欧米の支配下

学校の教科書だけしか読んでいなくてそれを信じ込んでいる人や、司馬遼太郎のファンには理解しがたいだろうが、明治維新はISが一国を乗っ取ったようなもので、欧米のグローバリスト(最先端はロスチャイルド)が薩長を中心とした下級武士を操って仕組んだクーデターだった。ぼくは現代の日本の不幸は明治維新が成功したことから始まっていると思っている。そして、これも多くの人は理解していなくて実は最も重要な事だろうと思うの...

続きを読む

日本を救うただ一つの方法

実は、政策としては意外と簡単だ。基本はバブル以前の政治に戻せばいいだけの話だ。バブルの発生とその後の対策はユダヤ金融資本の言いなりになった結果、日本は決定的なダメージを受けた。その当時の政治家で言えば、中曽根、宮沢、小泉(竹中)あたりか。今は安倍、麻生だな。全員売国奴で絞首刑に値する。しかし、バブル以前の政治に戻すとなると、ユダヤ金融に逆らうことになり、田中角栄、その番頭の金丸、子分の竹下、あるい...

続きを読む

年金不足=消費税増税?(2)

昨日のブログで、年金問題が急浮上したのは自公の陰謀(?)と書いたが、どうやら財務省の陰謀のようだ。ネットゲリラさんと日刊ゲンダイDIGITALの斎藤貴男氏が同じことを書いている。確かにこちらの方が説得力がある。それにしてもアホウな政府と欲深い官僚の外道たちにコケにされる国民は本当に不幸だ。ネットゲリラ 日刊ゲンダイDIGITAL ...

続きを読む

年金不足=消費税増税?

ぼくは、年金不足の問題は野党は今回の参議院選挙では1番目に取り上げないほうがいいと思う。なぜなら、あまりに大雑把な前提なので、論点がぶれる可能性があるからだ。前にぼくのブログ(年金)でも触れたように、金融庁だか厚生労働省だか(どちらでもいいが)が試算した2,000(3,000)万円不足というのはあくまでも都会に住む恵まれた老人夫婦のモデルケース(年金額月20万円)であって、しかも支出を抑えない場合の話だし、田...

続きを読む

ゴルフの神様はいるんだ!

今年の全米オープンゴルフは面白かった。苦労人のウッドランドという選手と全米オープン3連勝のかかったケプカ選手との戦いだった。最終日、2打差をつけて17番ホール(パー3)に臨んだウッドランドはとんでもないミスショットをして、隣のグリーン(と言っても一応つながってはいたが)へ。一方ケプカはパー5の2打目を惜しくも後ろのラフに。この時点では、ウッドランドがボギーでケプカがバーディーなら並ぶところだった。ところ...

続きを読む

ポニョの鞆の浦に行く

来週、また帰省のついでに鞆の浦によって来ようと思う。鞆の浦は広島県にある港だが、宮崎駿監督のアニメ「崖の上のポニョ」の舞台と言われて脚光を浴びた場所だ。ぼく自身は父方の曽祖父が尾道出身だったことから、学齢前に2回くらい訪れている(というより通過した)のではないかと思うのだが、もちろん全く覚えていない。しかし、昔はぼくの実家の四国・香川県の多度津から鞆行きのフェリーが運航されていて、広島方面に行くの...

続きを読む

年金の記事でランキングが急上昇!

ぼくのブログはどちらかというとどうでもいいことを書くとランキングが上がり、政治的なことを書くとランキングが下がるという法則があった。しかし、昨日はなぜかその法則が通じない事態になった。昨日は年金を話題にした。やはり、年金に関心をもっている人が多いと実感した。そんな折も折、金融庁が老後95歳までに生きるなら夫婦二人で2000万円は必要という報告書を出して、大騒ぎになっている。ただ、ぼくはなぜ大騒ぎになるの...

続きを読む

都市から地方へUターンは可能か?

昨日拙ブログで「重税と高い水光熱費が日本人を不幸にしている」(http://tekunopapa.blog13.fc2.com/blog-entry-667.html)という記事を書いたが、内容は間違っていないと思う。さらに、年金の少ない人間は物価の安い地方に住むべきという朝堂院師の主張は正しいと思う。確かネット・ゲリラさんも生活保護者は田舎に住めと主張していてたな。ただ、高齢化の激しい地方に都会からの高齢者を受け入れるのは難しいと思う。なので、60...

続きを読む

世の中は表面的には穏やか

しかし、水面下では激しい変化が進行中のようだ。久しぶりにベンジャミン・フルフォードの登場だ。...

続きを読む

重税と高い水光熱費が日本人を不幸にしている

日本人の強みは質素な生活に耐えられることだと思う。日本人が急に豊かになったのは1965年~1995年の30年間くらいではないか。その前もその後も決して豊かではなかったが、1995年以降の方が1965年以前よりも心理的な貧困感を抱いているように思う。その原因は税金(消費税、健康保険税、介護保険税)と水光熱費の高騰にあるのではないかと思う。新聞やNHKはやめればいいのだが、税金と水光熱費は払わなければ生活できない。質素な...

続きを読む

「アナ雪」は駄作である

ディズニーは創始者のウオルト・ディズニーが亡くなった後、ユダヤ資本に乗っ取られたと聞いていたので、最近はほとんどディズニー映画は観ていなかった。しかし、「アナ雪」は大ヒット映画だというので、ずいぶん前に録画していたものを今日観た。結論から言って、ぼくにはとてもつまらないアニメ(?)だった。なぜ大ヒットしたのかさっぱり理解できない。難を言えばきりがないのだが、最も大きい欠点はストーリー構成が出鱈目な...

続きを読む

老後破産は現実問題

明日から1週間連続で厳しいバイトが入っている。予備校の生徒の論文の添削やテストの採点という変わった仕事で、低賃金ながら家を離れられない(離れたくない)主夫としてはしようがない。ぼくは、4年前に定年退職して、悠々自適の老後を送るつもりだった。しかし現実は厳しく、年金はとても少なくて、連れ合いがまだ仕事をしているにもかかわらず、悠々自適どころかバイトをしなくては自分の小遣いも捻出できない。なので、もし、...

続きを読む

ほんまに飛距離が伸びまっせ!

ネット上のゴルフ教室は色々見てきたが、今回紹介する浦大輔の「かっ飛びゴルフ塾」は本当にドライバーの飛距離が伸びる。ぼくも試してみたが、20~30ヤードは飛距離が伸びた。その方法は原理的にはシンプルで、ティーを高くして、下から上(アッパーブロー)に振るだけだ。しかし、左肩を上げ右肩を下げる体勢で打つことに慣れていないぼくは、OBも連発した(笑)。それでも、確実に飛距離が伸びるので、この体勢でドライバーを打...

続きを読む

メディアは権力の道具

最近のマスコミ報道は行き当たりばったりで、何が重要なのか国民にはさっぱりわからない。実はそれがマスコミの役割で、国民の関心を常に散らすよう働いているのだ。マスコミのことを深く調べたいならば、「タビストック洗脳研究所(ジョン・コールマン著・太田龍監訳・成甲書房)」は必読だ。そもそもマスコミの成り立ちは、権力者(政府)の意向を民衆に広めるために存在するのであって、民衆の声を代弁するものでは全くないとい...

続きを読む

組合OBゴルフコンペ終了

5/31、6/1と軽井沢のリゾートゴルフ場に行った。というのも、毎年ここで会社時代に一緒に社員組合で仕事をした仲間たちともう20年くらいゴルフをコンペをしていて、ぼくは常任幹事だったからだ。しかもその仲間の一人がここのリゾート(元の会社の関連会社)の社長を務めて数年になる。ただ、この会も老齢化してきて参加者が少なくなり、それに加えてぼくの地元活動が忙しくなってこの時期に定期にゴルフ会を催すことが難しくなっ...

続きを読む

今のラジオ英会話はawesome!(2)

前回は書かなかったのだが、今のラジオ英会話の素晴らしい点の二つ目は前置詞から入っていくことだ。日本人は英語の前置詞に弱いと思う。もちろんぼくも。当ラジオ英会話では前置詞を中心にもう2カ月を費やしている。ここまで詳しく英会話における前置詞について解説した講座はないのではなかろうか。それくらい、英語にとって前置詞は重要らしい。最後に、この講座の良いところは出演者の気が合っていることだ。実に楽しく聞くこ...

続きを読む

今のラジオ英会話はawesome!

ここのところ、自分の仕事(在宅バイト)探し、遊び、近隣の仕事などが集中していた上にIEの調子がおかしくなり、ブログの更新もままならなくなっていたが、Googleに変えたら快適になった。Googleの使い方をもっと学習せねば。学習と言えば、趣味で4月からNHKのラジオ英会話を聴いているのだが、この講座は素晴らしい!何が素晴らしいかと言えば、講師が(日本語の)理屈よりも英語のフィーリングを大切にしていることだ。英語は(...

続きを読む

IEがダメなのかI(私)がダメなのか

このブログはFC2という場所をお借りして書いているわけだが、IE(Internet Exproreler)では自分のブログ管理画面にアクセスできなくなった。自分のブログにはIEでも当然アクセスできるのだが、ブログ管理画面にアクセスしようとすると何度やってもアクセスできないのだ。新規に書こうとしてもブログ管理画面にアクセスできないので書き込みができないわけだ。理由はいろいろと調べているのだが、今のところわからない。なので、...

続きを読む

嵐の前の静けさ?

友人の死で、この1週間は精神的にも物理的にも大変だったが、やっと落ちつたいたと思ったら、今度はぼくのパソコンのインターネットエクスプローラーの具合が悪くなり、自分のブログの更新もままならなくなっていた。なので、今はグーグルクロームを使っている。ぼくよりも情報通の家族は「今時、インターネットエクスプローラーなんて誰も使っていないよ」と言うけれど、ぼくが在宅バイトをしようとしている会社はIEでないとダメ...

続きを読む

プロフィール

YUKI

Author:YUKI
■性別:男
■年齢:後期中年
■趣味:ネット、ゴルフ、マンガ、映画、読書、外国語
■好きなもの:自由、睡眠、酒、タバコ、ネコ

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

カテゴリ